交通事故の後遺症で苦しむ パニック障害 毎日ご飯

先週はパニック発作が出てしまい、それだけが原因ではないのだが、なんだか神経が削られ、体の緊張もMAXでぐったりだった。

土曜日の幼稚園の日、本当は夫だけ柴ちゃんを幼稚園に送って行き、私は家にいれば問題ないわけだが、このまま幼稚園の送迎を夫だけがやるのは負担が大きすぎるので、私はリハビリのために助手席に乗ってついて行った。

発作が起きた橋は、12年くらい前に仕事で週に1〜2回2年半ほど利用していた橋なので、「怖い」という感覚はまったく持っていない慣れた橋だったから、余計ショックだった(事故直後は近所の交差点でも発作が出た)。

幼稚園に到着し帰り道、私は「帰りは運転したい」と言い、夫に助手席に乗ってもらい帰り道を運転してきた。

運転しながら(こんなパニック持ちの人の運転なんて怖いだろうなぁ)とか(付き合ってもらって悪いなぁ)とか考えていた。

終盤、認知行動療法の本を買おうと思っていて、でも認知行動療法はなんとなく知っているけど自分に合うかなぁとか、

認知が歪んでいるって性格が歪んでいそうとか、

歪んでいることで困ったことになっているけど歪んでちゃダメなのかなぁとか、

20年くらい前に夫の亡くなったお父さんが話していたエゴグラムの話などをしていたら、夫がなにやらコメントしてきた。

「歪んだ心がいいか悪いかだけじゃなく、歪んだ心とは別に歪みを直した心を両方持つといいかも」だとか「これまで何百万台という車とすれ違ってきて、センターラインを超えてきた車はあの事故の時の車だけなんだから、その1台以外は大丈夫だったわけだから」と言われ、

なんだか怖がっている自分を否定されたような気がして、そしてそんな鈍感で太い神経を持っている夫に私はずっと、交通事故が怖かったことを「怖かった」と言えなくて、怖い気持ちにずっと蓋をし続け消化し切れていないと言い、信号待ちでボロボロと泣き出した。

(交通事故は日帰り旅行先の国道で、センターラインを超えてきた車と正面衝突だった。

私たちの車は比較的車の前側が大きい車だったことと夫がブレーキを踏み左に少し逃げることが出来たので外傷はなかったが、相手の車はブレーキを踏む間もなく普通乗用車だったため二人共怪我をしていた。

私たちはすぐに救急車でその旅行先の県内で一番大きな有名な病院に1時間くらいかけて搬送され、私は造影剤を入れてのMRIなどをした。

夫はエアバッグの衝撃で手にやけどを負った。車はもちろん即廃車。)

それ以来車に乗るたびに、向かってくる車がセンターラインを超えて来るのではないか?とか、左側を走っている自転車が突然車道に倒れて来るのではないか?とか、左から一時停止もなく車が飛び出して来ては、心臓がぎゅーっと痛くなってしまい、全身に冷や汗をかくようになってしまった。

それは自分の運転の時よりも、夫が運転している時のほうが怖く感じるようになった。

事故後は、旅行先の警察まで電車や高速バスを乗り継いで行かないといけなかったり(すべて領収書を残すなど気を配らないといけない)、

事故現場近くに廃車になった車の荷物を取りに行き、近くのクロネコヤマトを探してダンボールに詰めて自宅に送ったり、

知り合いの弁護士さんに保険会社との交渉を丸の内まで頼みに行き、話をしないといけなかったり、

レンタカーを借りながら次に買う車のディーラー巡りをしたり(相手の保険会社は早くレンタカーを返せと催促してくる)、

もちろんリハビリに週3回ほど整形外科に通ったり、普通に生活しながらやることがいっぱいだった(この頃から先代の柴ちゃんの介助が始まっていた)。

「事故が怖かった」という私の気持ちはなんだか夫に言うのはタブーな感じで、「じゃあ、どうしたいの?どうすれば解決するの?いつまでそう言っているの?」と言われそうで、私は一切怖かったとは言えなかったし、事故を起こした相手に対する文句も一度もこぼせなかった。

事故後、パニック発作が起きてから精神科の病院には行ったが「この事故を利用して自分の不運をお金で解決しないように」と言うような酷いことも言われた(そんな発想に驚きだったけど)。

保険金詐欺を働くわけでもないのに、事故に遭ってPTSDに悩まされていても、怖がっている自分が悪いように言われた気がして、親にも家族にも病院でも誰にも何も言わず、ずっと「なかったこと」になるようにしてきた結果が今回の発作といつまでも治らない要因なのかなと今は感じている。

柴ちゃんの幼稚園からは無事に帰って来られ、その足で夫の病院へ付添いで行かねばならず、午前中は終わってしまった。

夕方のお迎えはまた渋滞するかもしれないので、早めの時間にお迎えに行く時もリハビリのため私が往復1時間半運転したからぐったりだった。 

認知行動療法の練習帳のようなものと別のアプローチの本を今日購入したので到着が楽しみ。

f:id:boccadileone:20210117223753j:plain

珍しく大人しく爪切りをしてもらう柴ちゃん

毎日ご飯

柴ちゃんの幼稚園と慣れない病院への付添いでぐったり。

柴ちゃんのお散歩着のままで外食は嫌だったので家で頑張ってランチ。

f:id:boccadileone:20210117223905j:plain

夫は生野菜と米の組み合わせが苦手

ロコモコ丼(スーパーの1袋400円のハンバーグは高くて買えなかったので、イシイのハンバーグ3つで278円のものにした。その分、ソースは赤ワインを使って手の混んだもの風)
*白菜のとろとろスープ

*ヨーグルトにハスカップジャムとバナナと冷凍のMIXベリー

f:id:boccadileone:20210117224305j:plain

デザートは前日の夫のお土産

f:id:boccadileone:20210117224222j:plain

ミルクとラズベリーのシュークリーム

先日たまたまテレビで観て「歌が上手!」と感動した「YOASOBI」

どれも凄く耳に残るいい曲なんだけど、中年のためすべて同じ曲に聞こえる…

それでも最近毎日聴いている。


YOASOBI - 夜に駆ける / THE HOME TAK

パニック障害のお話はこちら

boccadileone.hatenablog.com

とても長くなりましたが、最後まで読んで頂きどうもありがとうございます。