見えない何かと戦うブログ 毎日のわくわくの正体

ハーブやスパイス料理、手芸、カフェ巡りや柴犬が好きな主婦のブログ

ベランダのハーブで♪フィンランド料理 ロヒケイット 毎日ご飯

ベランダで育てているディルが、史上最高に背丈が高くなってしまいました(120cmくらい💧)。

もうすぐ花が咲く!というところまで行ってしまったので、カットして慌てて消費します!

 

ディルの花(上から見るか、下から見るか)
↑それ「打ち上げ花火、下から見るか横から見るか」だから!

 

カットして飾ってみました♪

触るとディルの柑橘のような爽やかな独特の香りが部屋中に漂います。

ディルの黄色い花が薄っすらと咲き始めています

 

ディル(北欧の昔の言葉で「なだめる」「やわらげる」という意味)

◻セリ科

◻耐寒性 強い

◻耐暑性 弱い

◻花の色 黄色

◻開花時期 5〜7月

◻古くから西洋では子供の夜泣きやしゃっくり止めの治療に用いられた

 

 

今回はフィンランド料理の「ロヒケイット(鮭のミルクスープ)」を作って消費します!

【材料】【所要時間約50分】

*サーモン 3切れ

*じゃがいも(1.5cm角) 2個

*にんじん(1cm角) 2本

*ネギ(1cmの輪切り) 1本

(*マッシュルーム 4個余っていたので入れた)

*バター 20g

*牛乳 300cc

*ディル 3本

❍水 300cc

コンソメ 小さじ1/2

❍レモン汁 大さじ1

ローリエ 1枚

*塩、コショウ 適量

 

サーモンに塩をしてディルをまぶす

 

野菜を切る

 

サーモンは生のままだと皮が取りにくいので、加熱してから剥がしました(邪道)
サーモンは別で取っておく

 

バターで野菜をじっくり炒めていく

 

左 じゃがいもが透明になってきたら、❍印の材料を入れて20分煮る
右 余っていたマッシュルームと牛乳を入れて軽く加熱

 

サーモンを戻して2分くらい加熱して
塩コショウで味を調えて出来上がり

↑牛乳を入れてからちょっと沸騰したため分離してます💦

 

ディルを散らして出来上がり♪

最後にサーモンを入れるので、サーモンの身が固くならないよ。

ディルの散らし方にセンスがありません!

 

参考にしたレシピの一つはこちらです

【ヨーロッパのおそうざい】 鮭とじゃがいもの北欧風スープ by 庭乃桃 | レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

 

 

毎日ご飯

最近は寒いG.Wですが、この日は暑い日だったので、なんだかなーなメニューでした💦

鮭のさらさらしたクリームシチューみたいな感じです。

玉ねぎではなく長ネギなのがポイントなのかな〜?(フィンランドでは西洋ネギ「リーキ」という長ネギを使うらしいです)

なかなかたっぷりディルを消費するというのは難しいです💦

サーモンは色々な事情で、最近は特に値段が高いと思います
今回のは2割引で買いました(が、やはり高かった!)

*ロヒケイット(鮭のミルクスープ)

*自家製ピクルス入りのタルタルサラダ

*クロワッサン

*りんご、キウイ、せとか(全て頂きもの)

 

先日作ったピクルスの残りでタルタルソースを作りました♪

かなり時間が経ったけれどピクルス美味しかったです♪

 

ディルを入れた北欧風ピクルスの作り方はこちら(よかったら読んで下さい♪)

boccadileone.hatenablog.com

 

ベランダの片付けは昨日ほぼ完了しましたが、柴ちゃんビオラを撮った写真がまだあるので、載せちゃいます

柴ちゃんビオラを食べちゃダメよ?
赤系のビオラはあまり育たなかったので貴重なショット!


最後まで読んで下さって、どうもありがとうございます(*˙ᵕ˙ *)

昨日もめちゃくちゃ寒かった柴ちゃん地方です💧

今日も美味しくご飯が食べられますように!

 

 

よかったら踏んで行って下さい♪

いつもはてな⭐やひと手間をどうもありがとうございます⸜(*ˊᗜˋ*)⸝⋆*

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

 

一昨日、読者の方が200人になりました!読者登録して下さった皆様、本当にどうもありがとうございます!

これからもよろしくお願い申し上げます♪