見えない何かと戦うブログ 毎日のわくわくの正体

ハーブやスパイス料理、手芸、カフェ巡りや柴犬が好きな主婦のブログ

マイナポイントカードを巡る攻防 毎日ご飯

マイナポイントカード事業の話を聞いた時、消費税が10%になる前のポイント還元事業のように盛んになるのかな?と思い、比較的早くマイナンバーカードの申し込みをした。

その後、マイナポイントカード事業の申込数がなかなか伸びないと聞き、なんとなくまだ大丈夫かなぁと思って(何が大丈夫なのかは不明)マイナポイントカードの申し込みはしていなかった。

実際は自分が使っているスマホではマイナポイントアプリがインストール出来ないので、諦めざるを得なかったのだが…

私がマイナンバーカードの申請をした頃、ポイ活大好きな実家の父に、(今後介護保険などで使いそうなので、という理由は言わずに)「ポイントも貯まるし、マイナンバーカードを作っておいた方がいいのでは?」と提案すると、「絶対に作らない」くらいのノリで断られた。

父は私の言うことは頑として聞かないので、私はなるべく自分の意見は言わないようにしている。

しかし、昨日実家に行くと、一緒に来ていた姉にマイナンバーカードの申し込み方法を教えて欲しいと事前にお願いしていたらしく、写真を撮ってもらい一緒に申請をしていた。

私は内心マイナンバー事業をしている国に親を殺されたのかってくらい、あんなにマイナンバーカードは持たないと言い、持っている私を非国民かってくらい批判していたのに申し込むわけ?しかも遠くに住んでいる姉にこっそり手ほどきをお願いして?)と思った。

父に会うと、どれだけポイントで得をしたかという話が毎回で、正直うんざりしていたので、あまり父に会わないようにしていた(母にはポイ活の話が通じないため話の通じる相手は娘だけなのだろうが)。

私はあまり家族に「これだけ得をした」と自慢もしないし「こういうの便利」とお勧めもしないので、傍から見ると「こっそり得をしている」風に見えるかもしれない(逆に姉は聞けばなんでも教えてくれる)。

そういう態度が可愛げがないのかもしれないし、気に食わないのかもしれないし、素直じゃない可愛げのない父にそっくりなのかもしれない。 

そんな私は最近ようやく楽天カードが「手続きスポット」からの申し込みを開始したので、近いうちに近所の手続きスポットで申し込みをしてくる予定だ。

毎日ご飯

伝説の家政婦志麻さんの本に載っている「鶏肉のココナッツ煮」。

志麻さんのレシピよりもカレー粉を多めにしてよりはっきりした味付けにしている。

f:id:boccadileone:20201112230910j:plain

ご飯にかける系のメニューはやっぱり楽

*鶏肉のココナッツ煮(パクチーが安かったのでそれに合わせて作った)

*お味噌汁(白菜、にんじん、キノコ類)

*頂き物の柿

  

今回参考にさせて頂いた本はこちら 

タイムとローリエがあればおうちご飯が格段にレベルアップする簡単な料理が多数掲載されています。