見えない何かと戦うブログ 毎日のわくわくの正体

ハーブやスパイス料理、手芸、カフェ巡りや柴犬が好きな主婦のブログ

美容院でのもやもや ココナッツミルクようかん テレワーク中の500円ランチ18

連休に入る前に半年ぶりに美容院へ行った。

もう12年くらい通っている近所の美容院。

カラーとカットとデジタルパーマと高いほうのトリートメントで、合計17000円だったのだが、メンバーズカードのポイントがたまっていたので会計時に10%オフのはずなのに、割引されなかった。

あとでホットペッパーで調べたら上記のメニューが19500円くらいだったので、私が常連だから美容師さん(オーナーの男性)の頭の中では「割引して17000円でいいよ」という思考回路がはじめからあったのかもしれないが、

10%オフ♪と期待してお会計したのに、バイトの女性も17000円の10%オフと電卓を叩いていたのに、「17000円でいいから~」と遠くから美容師さんの声が聞こえ、結局満杯になったポイントカードの10%オフは意味をなさず…。

表に出ない美容師さんの普段からの「気遣いの値段」は、表に出ないゆえにわかりにくく、なんだか損した気分でした。

美容院のあってないような値段設定に毎回もやもやしてしまう。

もしかすると毎回知らず知らずのうちに少し割引をしてくれているのかもしれないけれど(1500円のスプレーを時々1000円にしてくれていた)、私は得はしなくてもいいから損はしたくないタイプなので、出来れば明朗会計が望ましい。

 

それでもこちらに通うのは、やはり腕がいいからという理由と、こちらの前に通っていた美容院でかなりひどいことがあって、助けられた経験があるから。

以前通っていた美容院の美容師さん(雇われてる人)は私の10歳くらい年上の女性で、太れない体質ですごく痩せている人だった。

私はその頃痩せていて、その後2年くらいかけて40キロほど太ってしまったのだ。

その美容院に行くたびに、私のことを結構「残念な人」扱いしてディスっているのは気づいていたが、ある日、

「なんか残念なんだよね~!Amyさんに初めて会った時、なんて綺麗で、なんて頭が良さそうな人なんだ!って衝撃だったんだけど、今はねぇ…、なんか…、すごい太っちゃって、残念な人ー!!って感じwww」

と笑いながら言われた。

(「www」という表現は好きではないのだが、いかにも馬鹿にしているという感じがぴったりなので使いました)

確かに40キロ台の体重が80キロ台になれば、誰でもツッコミを入れたくなるだろうけど、美容師さんとお客さんとの関係性では言っちゃいけないフレーズでしょ。

さすがに私の友達も、巨漢になった私を見てオロオロするばかりで誰もツッコミを入れないくらいヤバイ状態だったもの。

信頼関係も何もない人にそんな風に言われたのがショックで、それ以来もちろん行くのは辞めた。

そんな時に出会ったのが今の美容院で、そんな失礼な美容師さんの話をすると「なんて酷い奴!なんでそんな所にずっと通っていたの?」と言ってくれ、その女性美容師さんのせいで大嫌いになった美容院も行くのが苦ではなくなった。

今の美容院は、私が太っていようが痩せていようが、ありのままのAmyさんでいいのだよ、という無言の優しさがあるような場所なのだ。

(ちなみに綺麗で頭が良さそうという枕詞は、その後ディスるためのクッション材としての使い方なので、実際に綺麗でも頭もよくないし、彼女がさらさらそう思っていないことは明らかだった)

 

そうそう、私が柴犬を飼っているのも

「なんで柴犬?(ダサイ)www Amyさんならラブラドールとか連れているイメージwww」←柴犬ディスりは何度も言われた

柴犬まで馬鹿にされたようで本当に腹が立つ美容師さんでした。

この美容師さんがいた美容院は2店舗あるうち1つは7年くらい前に潰れ、残りの1店舗はまだありますが、そこで働いているかは不明。

f:id:boccadileone:20200816163216j:plain

酷い人は放っておきます

8月7日

f:id:boccadileone:20200810034348j:plain

バジルソースにアボカドとトマト

8月7日のポイント

*作って取っておいたバジルソースでパスタ

*スーパーに売っている豆とひじきのパックを使ってサラダ

この日、夫が出勤すると言っていたから美容院の予約を午後イチで入れたのに、急にテレワークになって困った。

慌てて作って、慌てて美容院へ。

自分の性格が柔軟でないため、急な予定変更は非常に困る。

f:id:boccadileone:20200807102612j:plain

ココナッツミルクようかん

余っていたあんこと使いかけのココナッツミルクと牛乳をあわせ、水ようかん風なものを作った。

残り物利用ではなく、わざわざ作りたくなる美味しさでした。

寒天の量はもっと多くてもよかったな。

 

40キロ太った私はその後約12年ほど不遇な30代を過ごすこととなった。

現在はそこから約30キロ落とし、まぁちょっとぽっちゃりな体型に落ち着いている。